売掛金をもとに審査を行うファクタリング!その方法と仕組みについて

- ファクタリングを導入する際の審査について考えてみよう

ファクタリングを導入する際の審査について考えてみよう

運営や経営をしていく上で、資金調達が必要だという状況が出てくることもあるでしょう。
そのような際、銀行やほかの金融機関から融資を受けることもできるのですが、様々なメリットから「ファクタリング」というシステムを導入しているところも増えているようです。
主に資金調達 ベンチャーの方々に増えてきております。
比較的に審査がスムーズであるとも言われているのですが、ここではそんな審査について見ていくことにしましょう。

審査方法についてまずは確認をしてみよう

最初に審査方法について触れておきましょう。
まず、審査方法にはある基準というものがあるのです。
それが「償還請求権」があるかないかについてです。
これがあるかどかによって多少の異なってきますので、まずはこの点について認識していただけたらと思います。

もう少し掘り下げてみていくことにしましょう。
償還請求権があるという場合には、売掛金を担保としての融資になりますので、ビジネスローンなどで融資を受ける際と同様もしくは似たような審査が行われることになります。
そればかりではなく、売掛金の与信力というものもその対象となることも念頭においておきましょう。
リニアモーターカー
一方、償還請求権が無いという場合についてですが、売掛金を買い取ってもらうという場合につきましては、利用側に対する審査は「一切行われない」というこになります。
これが、ファクタリングシステムの大きな特徴ともいうことが出来るでしょう。
なぜ審査が無いのかということにつきましては、げんみつにいえば「審査の対象が利用者側にないから」というのがその理由となります。
あくまで「売掛先」に対して審査が行われるからなのです。

銀行や一般的な金融機関での審査について

銀行・一般的な金融機関の審査は、融資が決定するまでの時間というものが非常にかかってしまいます。
そして、審査内容という点につきましても厳しいガイドラインとなっているのです。
ですから、企業によっては審査に通らない可能性そして、急いで資金の調達をという場合には、時間的に間に合わないという事も出てきてしまうわけです。

先のようなポイントも踏まえてファクタリングを見ていくと、自社の審査が無くさらにはスピーディーに進めることが出来る上に「現金」として返還されるというシステムを利用したほうが良いと考えることもできるのではないでしょうか。

https://youtu.be/9BKow0V0D7A

売掛金に対する審査について考える

そして、先述にもありました売掛金に対する審査についても考えていきましょう。
審査の内容についてですが、いくつかのポイントを見ていきたいと思います。
まずは、その信用度から見る「経営の状況」「英英の規模」「利用者側との取引年数」などがその主となる内容となっています。
こうした点を踏まえてファクタリングをみていくと、あまりに信用度が低いという場合・利用者の信用度がある程度あると考えられる場合にも、その買取を拒否されてしまう。いわゆる「審査が通らない」という可能性もまたあることは把握しておきたいポイントとなってきます。

審査について詳しく知りたいという場合について

ある程度の審査に関するガイドラインを見ていきましたが、果たして自分のケースはどうなのかなどという詳細かつ具体的なところを知りたい方も多いでしょう。
そうした場合には、各会社に個別に相談をしていただくのがベター課と思います。
無料で相談を受け付けているというところも球多いので、気軽に相談をして見てはいかがでしょうか。

審査内容について知ろう

今回は、資金調達をする際のファクタリングに関する審査に注目をしていきました。
このような基本的な部分などについて知っておくと、より有効的にシステムをお役立ていただけるかとも思います。